4564円 【送料無料】 【SS期間限定50%off】3xCar ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2 車用品・バイク用品 車用品 パーツ 内装パーツ ステアリング・ハンドル koicha.tank.jp,【送料無料】,ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2,【SS期間限定50%off】3xCar,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , 内装パーツ , ステアリング・ハンドル,/Flosculariidae4850544.html,4564円 koicha.tank.jp,【送料無料】,ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2,【SS期間限定50%off】3xCar,車用品・バイク用品 , 車用品 , パーツ , 内装パーツ , ステアリング・ハンドル,/Flosculariidae4850544.html,4564円 4564円 【送料無料】 【SS期間限定50%off】3xCar ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2 車用品・バイク用品 車用品 パーツ 内装パーツ ステアリング・ハンドル 送料無料 SS期間限定50%off 超定番 3xCar ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2 送料無料 SS期間限定50%off 超定番 3xCar ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2

送料無料 SS期間限定50%off 超定番 3xCar オンラインショッピング ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2

【送料無料】 【SS期間限定50%off】3xCar ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2

4564円

【送料無料】 【SS期間限定50%off】3xCar ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2











※技適マークなし






説明:

自動ウインチ用ワイヤレスデュアルリモートスイッチ制御システム。
ソレノイド式ウインチに適用可能:4x4車両、ATV、UTV、SUV、ジープ。回復ウインチのほとんどのブランド。トレーラー、油圧ポンプ、リフトジャッキなどの他のもの。
インストールと制御が簡単です。
98フィート以内の任意の位置からの便利な電源入力/電源出力制御。

仕様:

材質:プラスチック
色:写真として
サイズ:
ワイヤレスレシーバー:55 * 40 * 25mm
リモートハンドセット:100 * 45 * 25mm

パッケージに含まれるもの:

2 xリモート(3パック)
1 x本体(3パック)
1 xユーザーマニュアル(3パック)

注意:

ご注文前にモデルと写真をご確認ください。
ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

※本製品は、電波法令で定められている技術基準に適合していることを証明する技適マークが貼付されていない無線機器であり、日本国内で使用する場合は、電波法違反になる恐れがございます.ご使用の際には、十分ご注意下さいますようお願いいたします.

【送料無料】 【SS期間限定50%off】3xCar ATVSUVワイヤレスウィンチリモートコントロールキットデュアルスイッチハンドセットKLS-203-2

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。