koicha.tank.jp,【メール便対象品】,【医薬部外品】,フタアミンhiクリーム,592円,ムサシノ製薬,/Flosculariidae5083644.html,55g,医薬部外品,薬用フタアミンhiクリーム,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬部外品 , 皮膚 koicha.tank.jp,【メール便対象品】,【医薬部外品】,フタアミンhiクリーム,592円,ムサシノ製薬,/Flosculariidae5083644.html,55g,医薬部外品,薬用フタアミンhiクリーム,医薬品・コンタクト・介護 , 医薬品・医薬部外品 , 医薬部外品 , 皮膚 フタアミンhiクリーム 医薬部外品 ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム 登場大人気アイテム 55g メール便対象品 592円 フタアミンhiクリーム 医薬部外品 【医薬部外品】 ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム 55g 【メール便対象品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬部外品 皮膚 592円 フタアミンhiクリーム 医薬部外品 【医薬部外品】 ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム 55g 【メール便対象品】 医薬品・コンタクト・介護 医薬品・医薬部外品 医薬部外品 皮膚 フタアミンhiクリーム 医薬部外品 ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム 登場大人気アイテム 55g メール便対象品

フタアミンhiクリーム 医薬部外品 ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム 登場大人気アイテム 55g メール便対象品 OUTLET SALE

フタアミンhiクリーム 医薬部外品 【医薬部外品】 ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム 55g 【メール便対象品】

592円

フタアミンhiクリーム 医薬部外品 【医薬部外品】 ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム 55g 【メール便対象品】




フタアミンhiクリームは、ビタミンEアセテートとグリチルレチン酸(甘草から抽出)を主剤にしています。
そして、基剤に使用しているホホバ油、卵黄油や保湿剤であるグリセリンとがあいまって、べとつかず、下記の効能をもつ、さっぱりとした薬用クリームです。
無香料

成分・分量
<有効成分>
ビタミンE・グリチルレチン酸

<指定成分>
酢酸トコフェロール、パラベン、ミリスチン酸イソプロピル、トリエタノールアミン、プロピレングリコール、ステアリルアルコール、エデト酸塩

○保湿成分
ホホバ油・卵黄油

用法及び用量
<使用方法>
水仕事や手仕事のあと、入浴後や就寝前など、顔面及び手足に(つけるところを清潔にしてから)よくすりこんで使用してください。

●メーカー    ムサシノ製薬
●区分     日本製・医薬部外品
●分類     クリーム
●広告文責   株式会社ルージュ 03-3980-1585
※画像はイメージ画像となっております。


テスター品 試用見本品 半額以下な掘り出しもの満載 噂の『特価品』はココをクリック

外箱不良 箱つぶれ 箱なし 難あり 在庫処分 キズ有 アウトレットなどですが激レアな商品が見つかるかも…



商品の発売日・カラー種類・タイプなどの商品の詳細情報につきましては
各商品の発売元・製造メーカーに直接お問い合わせください。
それらのお問い合わせおよび特価品に関するご質問は一切お答えしません。ご了承ください。

ご注文その他の事を問い合わせ希望の方はご質問前にこちらのページをよくお読みください。


よくある質問集
よくある質問Qamp;A


フタアミンhiクリーム 医薬部外品 【医薬部外品】 ムサシノ製薬 薬用フタアミンhiクリーム 55g 【メール便対象品】

MENU

日本カイロプラクターズ協会(JAC)とは

- About Japanese Association of Chiropractors -

日本カイロプラクターズ協会(JAC)は1998年3月に設立されたカイロプラクティックの業者団体です。倫理規定を重視し、透明性の高い開かれた組織でWHOガイドラインに準拠した基準の教育を履修した正規のカイロプラクターのみが所属できる団体です。世界保健機関(WHO)の非政府組織(NGO)に加盟している世界カイロプラクティック連合(WFC)へ日本代表団体として1999年に加盟し、世界92ヶ国の代表の総意で決めたWFCの精神と政策を日本に伝え、実践を目指しています。

WFCの日本代表として、行政との折衝、国際交流、教育活動、啓蒙活動、科学的研究の実践を通して、我が国におけるカイロプラクティックの業務をWHO基準で発展させ、倫理規定を設けて自主規制を行い、国民が安心してカイロプラクティックを受けられるよう国内でのWHO基準に則った法制化の実現を目指して活動しています。2012年、独立行政法人国民生活センターから安全性と広告に関するガイドラインの作成を要請された後、日本広告審査機構や厚生労働省、消費者庁と連携しながら利用者の安全確保に努めています。また厚生労働省による統合医療推進事業を支援しています。