当日夜

なんてこったぁ〜! 寝過ごして試合に出られなかったー!
なんて冗談はさておき、ちゃんと行って参りました。
若手のお笑いの子の話もアコーディオンもシミュレーションもイメージトレーニングも、試合中はすっかり忘れてしまった。で、結局答えは1回。たった1枚。わずか1回戦で敗退。
試合前は緊張しました。だもんで、自分で申し込んでおきながら「なんでこんなことしなくちゃいけないんだろう」と思う。それなのに、負けたら「もっと試合がしたかった」と悔しくてさみしい気持ちになる。もし勝ったら勝ったでまた次の試合前に緊張して、「なんでこんなこと……」と思うんだろうな。
我がジムからは7人がエントリーして、朝10時から夜8時までの間に、それぞれバラバラに試合の時間がやってきて、みんなそれぞれの時間に緊張する。さっきまで普通だった人が緊張して、それをさっきまで緊張していた人がなだめたりする。自分の番ではしっかり緊張していながらも、そうじゃないときは「この人、なんでそんな思いまでして試合にでるんだろう」などと思ったりする。ああフシギ。そしてとてもおもしろい。ちなみに「なんで試合に出るか」というと、心の底から楽しかったり悔しかったりするリアルな体験が、次の大幅なステップにつながるからです。

このブログ記事について

このページは、Koichaが2000年9月 9日 22:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「当日朝」です。

次のブログ記事は「そして翌日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3