2000年10月アーカイブ

クリスマスに

1個前のニッキで思い出したんだけど、去年のクリスマス(12月25日)はそこん家で過ごしました。さすが家族もどき。
遊びに行くと、ヨメが「今日はクリスマスケーキを作るんだ。初挑戦だけど」と言い、こいちゃが「ケーキ作ったことあるよー」と言いい、気づけば95%こいちゃが作っていた……という結果になっていました。恋人たちが集うクリスマスに、なにしとんねんワシ。
ところが完成を目前にして、ロウソクつけて電気消してフーってやるのを一番楽しみにしていたムスメ&ヨメが寝てしまい、それほど乗り気でなかったダンナ&こいちゃが取り残されてしまった。ほんで「こりゃおもしれー」と言ってふたりでケーキにロウソクを立てて恋人のように写真を撮った後、シャンパンで乾杯したりケーキ食っちゃったりして「だははー、なんか愉快だ!」と飲み明かしたのでした。
今年のクリスマスは、できればすかっすしてたいな。でもひとりじゃさみしい。デンデンデロデロ〜♪(召集の歌)

家族もどき

ありがたいことに、こいちゃを家族の一員と考えてくれてる友夫婦がいる。遊びに行くと、ガキを買い物に連れていったりごはんを作ったりして、そういうつきあいをしてます。んで、ふと思う。「年をとってもひとりだったら、ここんちに身を寄せるのも悪くないのではねいか」と。しかしだからといって、金銭的に頼るという意味ではありません。その頃こいちゃはちゃんと仕事を持っている。それは愛人です。
実はこいちゃ、あるお金持ちの人物に「20年後に恋に落ちましょうね」と約束を取り付けてあるのです(かなり一方的に)。そしてこいちゃは週に1〜2度、定期的にその人の待つホテルにおめかしして出かける。こいちゃはそれを“出勤”と呼びたいですな。家族もどきもそれを承知していて、出かけるときにはこんな挨拶を交わします。
こいちゃ「やってきま〜す」、家族「やってらっしゃ〜い」。
そして家族もどきは、今日も仲良く暮らすのでした。
−THE END−
なんつって、実はこの挨拶がしたいだけなのねん。

さよなら

ジーパンを勢いよく履いたら途中にジーパンと一緒に脱いだ靴下が残っていて、それが思いがけずふくらはぎに当たって「oh No!」と叫んだことはありませんか? こいちゃは一昨日ありました。
さて、すかっすの試合。1回戦のお相手はジパジパパーマのロングヘアーがかわいい女のコで、しかも事情通からの情報だと同業者とのこと。うえっ、やりづれー。しかし彼女が試合初参加だったことに加え、こいちゃが「とにかく1勝」と集中できていたおかげでなんとか勝つことができました。おめでとうありがとう。みなさん本当にありがとう。
なのですが、2回戦目に出られて手持ちのワンピースは全部着られたし、目標の1勝はできたしで、こいちゃの気はゆるみっぱなし。だもんで、2回戦目は思いっきり負けました。でもこいちゃは満足していて、本当にもう「スカッシュやめてもいいかな」と思ってしまったぐらいです。その気持ちは長く続いて、我ながら単純だなーと思いつつも止まらない達成感。
でもしばらくするとやっぱ自分に対して悔しさが湧いてきて「ああ、もっとうまくなりてー」と思うと同時に、後日情報通から「こいちゃと1回戦で当たった彼女は、その夜大酒を飲んでいたらしい」という話を聞き、そういうのって大事だなーと思いながら「死んでも負けられない」と思う。先を行く人を追いかけるだけでなく、後から追ってくる人も警戒しねいといけないのですね。フンドシを締め直さなければ。すかっすサヨナラよ、サヨナラです。

答えは

5時44分。またもや5時間睡眠。こんなもんか。気持ちのいい天気です。

起床

こないだの試合のときは昼2時過ぎ開始だったところ、前日夜10時に寝て夜中3時に起きてしまった。明日は10時に開場入りしなきゃいけないので、8時40分に駅前集合。うふふ、こいちゃは何時に起きちゃうんだろう。

怪奇現象

下北沢に試合用のリストバンドを買いに行く。今度は黒いの。しかし季節柄(半袖にするから)、どこの店にも置いてない。くそー! と思ってふと気づくと、パーカーやスカート、セーターを買っていてもう3万円以上使ってる。下北沢に行くと、サイフに穴が開きます。

目標

土曜日に試合があるので、周りのシトが気を使って練習方法を教えてくれたり、試合の心構えとかコツとかを伝授してくれたりして、とてもありがたい。そういったものに報いるために「一勝はしたい、いや、しないと」という気持ちが自然と湧いてくる。コートでは誰でもひとりひとりきりだけど、気の持ちようによってはひとりじゃない。ハズなんだけど、それがうまくいかないから困っちゃうんだなこれが。

エピソード

ストラーイクゥゥ! というニッキを書いた後には、なかなか次が書き出せません。こいちゃの弱いところですな。1個前のデートレスの歌、かなり気に入ってます。
これは最初に「デンデンデロデロ デートレス」という言葉が浮かんできて、「なんじゃそれ」と思っているうちに、どんどん周りができてきました。実はそのとき寝ようと思ってベッドに入っていたんだけど、「だ、だめだ!」と思ってガバッて起きて書いたのです。いや、どうでもいい話なんだけどね。

作詞:こいちゃ

金曜日の夜 それは誘惑
あっちこっちそっちどっち いいとも
新宿 原宿 六本木
は〜ら〜だ たいぞうです

だけど沸き立つアナザーリビドー
コートが仲間が待っている

デンデンデロデロ デートレス
デート知らずの女たち
我らは チームデートレス
スカッシュボールはゴムの毬


金曜の昼 花束片手に
群がり集まるGUY&GUY
バカラのようなスリル求めて
心に握る万馬券

だけど今夜もフラれちまった
ラケット背負って消えちまった

そうさ彼女は デートレス
男心よりボールの軌道
憎いぜ チームデートレス
涙のカクテル飲み放題

洗濯ばさみ

こいちゃの部屋にはズバリ、カーテンがない。しかしベランダはズバリ東を向いているので、朝日がズバリと入るのです。そんじゃどうするかというと、布そのものズバリをカーテンレールに留めていくワケです。洗濯ばさみでズバリズバリと。
でも昼間光がほしかったりベランダを開けて風を通すときなんかは、布が邪魔になるので外したりする。ほんで夜眠るときには忘れてるから留めないんだけど、仕事が終わって朝眠るときはカーテンもどきを洗濯ばさみで留めていく。その瞬間がズバズバッと至福です。

いまだもって

お仕事の原稿をほぇ〜と送っていたら、知らない人からメイルが届いていた。なんじゃ? と思って見てみたら、「私も最近スカッシュを始めました」という見ず知らずの女のコからでした。う、うれしー! と思い、速攻でたんまりお返事を書いてしまった。どうもスンマセン。
スカッシュをはじめて約1年が経つけど、いまだもって大好き。たまにひとりで「どうしてこんなに好きなんだろう……」と考えてしまったりする。恋ですな。今は昨日のハッスル部のせいで太股やお尻が筋肉痛だけど、この痛みも心地ヨイ。久々にのろけてみました。

充電、もしくは徘徊

何か買ってきて家でメシを食ってから仕事しようと思い、とりあえず銀行にお金をおろしに行ったら外がポカポカと晴れていて、カーディガンを羽織ったOLさんたちがうふうふと楽しそうに歩いているのを見たら本気で仲間に入りたいと思った。そこで予定を変えて近所の会社員が集うお店でランチを食べたあと外に出たらやっぱりポカポカしていて、こういう日は外出しないと人間としてだめなのではないかという心が湧きその足で友達の家に向かった。子供を観察しておもしろいなぁとか思いながら3時間ほど過ごし、そんじゃ帰るねと言って今度は下北沢へ向かいあちこちの店をフラフラしながらグラタンなんかを食べた。あ、時間だと思ってようやく家に帰り次はすかっすへ。これは前から決めてたから譲れないんだもんねと思いながらスクール受けたりハッスル部をやったり筋トレやったりゲームやったりしたら久々にくたくたになってしまった。
ああ久々に、本当に久々に楽しんだなーと思いながら家に帰るとお仕事の電話とFAXいっぱい。ううう……首がギュー。でも今日のことはきっと後悔しない、と思う(汗)。

寄り道

アゴのあたりに、ニキビがいろいろできて痛い。でも人によると「その年齢じゃニキビとは言わない」そうで、「え、じゃあイボなの?」と聞くと「吹き出物っていうんだよ」とのこと。イボじゃなくてよかった。っつーか、こいちゃまたニッキ書いてる!

そういえば

去年の体育の日は、自転車ですかっすラケットを買いに行ったのだった。結局買えなかったけれど。当時1本もなかったラケットも、今は3本持っている。1年が経ったのですね。

テレビを見た

スマスマにジェームズ・ブラウンが出ててビックリ。かっこいい。男の子だったら、カラオケでJBの曲を持ち歌にしたい。
全日VS新日の試合をやっていた。全日の看板を背負っている川田を「お前、三沢に勝ったことあるだろう!」と思わず応援。やっぱプロレスは妙にワクワクする。
ジョージアのCMすげーなー。吉本のタレントいっぱい出てきて、短期間にいろんなバージョンのを流してる。太っ腹。配達物を持ってへらへら走ってくる松ちゃんいいなー。
それに引き替え富士サファリパークのCMは、女のコと赤ちゃんライオンしか出てこないぞ。しかも半分ぐらいは赤ちゃんライオンのアップ。かわいー! これはこれで正解だ。さぁて、これからお仕事をします。

事件簿

コンビニで、いつものようにテキトーに物を選んでレジへ。会計をしてもらってから「あ、お金ないんだった!」と気づき、とりあえず全部キャンセルしてもらう。恥ずかしい。
店の隅っこで有り金と相談して、いくばくかの物を購入。家に帰ると「タバコも切れてる!」と思い出し、またもやサイフと相談。100円玉2個と50円玉1個を発見して、気分は「ヤッター!」。ちなみに残金は24円です。
薄暗い道を自動販売機を目指して歩いていると、ちょっと先に小学生の女のコが座っていて(見えなかった)、こちらを見て笑っている。うげっ、聞かれた「ちょこっとLOVE」。しかもけっこうノリノリの。うーむ、またもや恥ずかしい……。
原稿ばかり書いていて、家に閉じこもりっきりの昨今。こんなことも、大事件に思えます。

エラいひと

小学生のころ勉強がおもしろくて好きで、算数の教科書に載っていた問題とかをひとりで何回も解いていた。答え合わせをするとたまに間違っていたりして、過去にやった同じ計算のノートを見てみるとそのときはご名算だったりする。そのとき思いました「過去のこいちゃはエラかったな」と。
今こいちゃは仕事が忙しいのだけれど、過去に気が付けば24時間ぶっ通しで原稿を書ていたことがあっったりして、そういう記憶に励まされたりしてる。20年以上経った今でも「過去のこいちゃはエラかったな」なのです。

キーワード

ファミリーレストランに行ったら、あっちの席に座っていたカップルがなにやら大きな声で話していた。女「それはない、それはないってー」 男「いや、あやしい(と言っているらしい)」。どうやら男が女に浮気の疑いを持っていて、それを追求してるようだ。またなにか聞こえてきた。女「だから、さっきから言ってる“エビ”ってなんなの?」 男「(タバコの煙を吐き出しながら)車エビだよ」。男はある程度確証があるらしく、その浮気(疑惑)に対するキーワードを出していってる様子。しかし車エビとは……。「あのオヤジに『車エビ食べさせてあげる』って言われて寿司屋に行って、その後ホテルに行っただろう!」なのか? それとも「お前、アイツと車エビみたいなプレーをしただろう!」なのか? いやいや、もしかして“車”の方がキーワードなのかもしれない。「アイツに車で送ってもらった後……」いや、それは深読みか。
しかし、そんな会話をしていながらもカップルの雰囲気は明るい。そのうち 男「そんなところまで介入するのは……」 女「ああ、だからそこまで行っちゃったのかー」という会話が聞こえてきた。とうやら男の考えすぎで、想像が「そこまで行っちゃった」というのが結論のよう。その後ふたりは仲良くしてました。
結局ただの痴話ゲンカで、シリアスなものではなかったみたいです。しかし……車エビって何だー! 誰か助けて〜 

このアーカイブについて

このページには、2000年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2000年9月です。

次のアーカイブは2000年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3