2001年2月アーカイブ

とりあえず

ホッカイドーから帰ってきた。今はとっても疲れている。
ホッカイドーで大事件はなかったけど、イロイロと小ネタはあります。それをニッキに書きたいけど、その前にお仕事がドバチョーン。うー、ニッキ書きたい、すかっすしたい。そしてこんなニッキしか書けないぐらい疲れてる。なので、とりあえずまたこんど。

出没

こいちゃinホッカイドー。自分のニッキは書けないけど、
代筆ぐらいはできるのでぃす

これから北海道に行きます

朝7時の便に乗るんだよー。お仕事だよー。眠いヨー。28日に戻って来ます。
ああ、用意しないと

これから温泉に行きます

新宿駅で、白人のおじさんが手を振りながら陽気に何かを喋っていた。「コレカラオンセンイキマース、コレカラオンセンイキマース」とゆっている。しかも特定のヒトに言っているのではなく、誰かれ構わず発表しているようだ。そんなおじさんの右手には、なにやらヒモが。その先には掃除機を改造して作ったバッグらしきものがついてて、犬を散歩させるようにゴロゴロ引っぱっている。
奇怪だ。そしてとても羨ましい。ああいうオトナにこいちゃはなりたい。

試合にまつわる追加ネタ

その1:
試合会場のお風呂で、お知り合いのナカヤマさんに会った。彼女はAグレード(こいちゃはその下のBグレード)で優勝した人でっす。ナカヤマさんは「こいちゃさん、がんばってたね」という。「いえいえ、そんな」と返事をするこいちゃ。するとナカヤマさん「たまたまJINカップ(こいちゃが1番始めにでた公式試合)でこいちゃさんの試合を見てた友達がいるんだけど、『彼女すごくうまくなった。ずいぶんがんばったんだろうね』って言ってたよ」と言ってくれて、本当は「そうなんですか! ありがとうございます」と言いたかったんだけど、のどがぐーってなって上手に話せませんでした。いいですね、こういうの。

その2:
その2:
リベンジの第1試合を終えたあと、こいちゃは風呂に行きました(また風呂ネタかい)。そんでお風呂道具の袋をゴチャゴチャしていたら、なんとテレビのリモコンが! なんでアンタがここにいるんジャー!
でもこの人はこの人なりに、気を使っていたのかもしれない。「こいちゃが負けてガックリしてても、笑いが取れるかなー」なんて。でもビックリしますな。風呂場でリモコン。

会話

昨日、すかっす激ウマのヒトが3人で代わる代わるラリーをしていた。これがなんつーか、スゲーのです。何がスゲーのかもわからんぐらいにスゲー。みなさんすかっす歴は10年以上。ちなみにこいちゃは1年半ぐらいです。
見ていて、これはまるで人間の年齢みたいだと思いました。こいちゃは1歳半、みなさんは10歳以上。ケンカにしろ勉強にしろ口論にしろ、到底勝てるワケがありやせん。実際このシトたちとゲームをしてもお話にならない。それこそ赤子の手をひねられるように、あっけなく負けてしまいます。
そして、同じレベル同士でラリーをしている人たちはすごく楽しそうだ。なんだか共通の言葉で会話をしているみたいです。コートの外ではフツーにバカ話できる人たちだけど、こいちゃはコート内でのあの会話には多分一生参加できない。「いや、一生懸命頑張れば」とかそういう問題じゃなく、もっと決定的な現実だ。10年の蓄積をナメたらアカンです。
そんなものを見てしまったこいちゃはやるせない気持ちになったのだけれども、こりゃーしょうがないですな。過去には戻れないもんね。なので、現在の自分に期待するしかないのでっす。

リレー

チンコちゃんトコのリレー小説が、いよいよ最終回を迎えたのねん。
うまくつないでいった前半に比べ、後半はトリャー! という感じでけっこうグチャグチャだ。おもしろいですね。第1話を書いたチンコちゃん自らがイカサマ技で最終話を書き、物語はパックンと閉じました。
自分で書くのも、他の人のを読むのも、挿し絵を見るのも楽しみだった。なので、今はお祭りが終わった後のようなサミシイ気分です。人はこれを哀愁と……呼ばないか? 
でもね、チンコちゃんはこの後にアナザーリレーというのを考えてるんだって。それは参加したヒトが書いたボツ原稿とか、小説の本筋には関係のなかった登場人物のアナザーストーリーを載せたりするモノなんだって。そう、こいちゃがボツった1発目原稿も、ここに載ったりするのだす。それはそれでオモチロそう!
始まりがあれば終わりがあるけど、形を変えておもしろいことは続いたりするのですね。おもしろいこともリレーでっす。

子猫ちゃん

猫ちゃんが大好きなので、ときどきムショーーーに猫(特に子猫)の写真が見たくなる。こういうときはアレですな。インターネットです。
そこで、検索のところに「子猫」と入れて物色。でも子猫の写真がほんの一部というのが多くて、ナカナカ当たりがない。こいちゃは子猫ちゃんの写真がゴマンと見たいんじゃー! すると、「かわいい子猫たち」という項目を発見。おお、待ってました! とばかりに行ってみると、そこはエロサイトでした。まぎらわしいぞコラー!
しかしこれも何かの縁。思えばエロサイトに来たことはなかったので、ついでに探検することに。女の人があーとかうーとか言ってそうな写真があったのでクリックしてみる。エッチな画像が見られるのかなぁと思っていたら、知らんうちにダウンロードを始めてました。オイ、勝手なことすんなよ。しかもダウンロードしたヤツをクリックしたら「開けません」だって。難しいじゃねーかコノヤロー! ということで、エロサイトでウホウホ作戦は早くも挫折してしまいました。
さて、後日。
いつものようにインターネットに接続しようとしたら、あれあれ、アクセス番号が勝手に変わってる。0990-……これってダイヤルQ2の番号じゃん。さらにそのほかの設定も変わってて、ネットにつなげナーイ! メールも読めナーイ! さっそくケールちゃんに相談&説明すると「なんでそうなったんだろうね。エロサイトにでも行った?」。ガーン。行きました。子猫チャーン! 
っつーコトで、みなさんもエロサイトにはきよつけてください。でも、復活できてヨカッタ。にふてーのてくにかるさぽーとのヒトに感謝でっす。

チャレンジ

すかっすの試合を見に行った。プロの人とかチャンピオンとか、グレードの高い人たちがイロイロ出てて、激しくコーフンするぐらいおもしろかった。男の人もそうだけど、戦う女はカッコイイ。こいちゃもアレを目指したい。ので、オモチロイ女はしばらく休業。

再認識

はてさて、最近とみにフィーチャーしているらいおんちゃんトコのリレー小説ですが。だって、こいちゃ初の小説だったのよ。いつもの原稿とは、また違った喜びがありますわね。
さて、この小説でこいちゃはあるイタズラをしました。というか、内容自体もイタズラだらけなんだけど。
で、公開前まで実は「いろんなシトに怒られるかなー」と思ってたんだけど、フタを開けてみたらけっこうみなさん楽しんでくれて、よかった〜と思いました。すんません、わたしはみなさんをみくびってましたね。みんな、困難を楽しめるタイプだったのね。
やっぱ、イタズラってのはイイわ。楽しいところに人は集まるにょー。
あと今回は、挿し絵とか編集者の細かい配慮とかで、もっとおもしろくなった。この世の手柄はすべてこいちゃのものだけど、そうじゃないときもあるのねん

被害

らいおんちゃんのリレー小説の書き直し原稿、OKをもらった。ヨカッター。話の構造上、丸ボツ路線が強かったんだけど、力ワザの外科手術でなんとか蘇生しました。
らいおんちゃんもメイルでほめてくれたんだけど……しかし、ちょっと勝手すぎたかなぁ。作風が。実際、挿し絵班の方々もらいおんちゃんの掲示板で「描きにくいぞー」と困ってる。そしてその被害は、今後も拡大すると思われます。でも、どうなるかも楽しみだなー♪と、気分はすっかりやり逃げ。あの小説で、こいちゃを好きになるヒトとキライになるヒトの両方が増えるでしょう。げへげへ。
掲載は7日なんだけど、6日にはらいおんちゃんが掲載予告を書いてくれるんだって。客観的な視点から、なんて書いてくれるのカチラ? そっちも楽しみなのねーん

広報のヒト

お仕事柄、いろんな会社の広報に電話をすることが多い。原稿を書く商品についてアレコレ質問をするんだけど、いろんな人がいておもしろいです。トークが上手な人もいれば、話はうまくないけど不思議な味わいの人もいて、電話口でゲラゲラと笑ってしまう。できることなら、そのやりとりをそのまま原稿にしたいぐらいだ。
商品がショボくても、相手の話がおもしろかったり、商品に対しての愛情とか思い入れが感じられれば、原稿もグイッと変わってきます。新しい発見もあったりするから、こいちゃは必ず電話取材をするようにしてる。逆に「あんた、ヤル気あんの?」という人に遭遇することもしばしばだけど。ナニゴトも全部が当たりとは限らんですな。

どうなる

らいおんちゃんのリレー小説で、とうとうこいちゃの番が回ってきた。「ウヒョヒョー!」と思いながら、その日のうちに骨組みを書く。「これで本当にいんだろうか」と思いながら、その後に肉付けをしていってらいおんちゃんに提出。ところが、知らないウチにNGワードに触れてしまって、原作はあえなくボツになってしまった。そんなん、聞いてないヨー。ちょぴっと涙が出ましたね。
原作にはとても愛情を感じていたので正直ギブアップも考えたんだけど、少しして「それじゃー原作に申し訳ないな」と。少しでも原作に近い形で載せさせてもらったほうが、供養になるかなーと、思ったのでした。
ただ、これもNGだったらガクーンだな。はてさて、どうなるんでしょうか。こいちゃはヘソを曲げてしまうのか? そりはまた、2月7日あたりに更新されるリレー小説で。

原因

怒り作戦が超魔術を発揮して、カゼがかなり回復した。鼻水はまだ出るけれど、セキや熱はほとんど出ない。カニやしゃぶしゃぶは特効薬ですな。食べられないことで発揮される効能。
さて、対抗戦ですが。全敗でした。負けても「惜しかったから」とか「いい試合だったから」と満足するのはキライ。だのにそういう試合を繰り返してしまうのは、やっぱどっかで甘えてるからなんでしょうな。自分の知らないトコに透明のブ厚い膜が張られてて、こいちゃはまだそれを突き抜けられてない。
−−20分経過−−
今考えたところによると、危機感と自信の欠乏が敗因という結果に至った。とりあえず、そういうことにしとこう。

もうひとつ

長引くカゼについてさっき気づいたんだけど、「怒り」が足りないのではと。「おのれー、こいちゃの自由をこんなに奪いやがって!」という慟哭が、たしかに今回は足りなかったかもしれない。甘えてました。
なので、今からは熱が出ても「誰に刃向かっとんじゃボケー!」と、一喝するつもりです。そろそろ本格的に治さねばならんですな。エセ京極堂もごにょごにょ唱えてくれたことだし

1個前の外出先にて。

「写真を試し撮りする」ということで、熱があったのになぜか「ホホホーイ」(byココリコ遠藤)をして顔をパチパチ叩く。その写真がさっき送られてきた。赤い顔して目をつぶり、鼻の穴を広げながら口は「ホ」とゆってるブサイクこいちゃ。顔を叩く手(ブレてる)も赤い。とてもかわいそうで、同時にとてもかわいいと思った。自己愛もここまでくると立派なモンですな。

シンキ臭い

外出したら熱が出た。今日は本当だったらすかっすお仲間の送別会でカニ&しゃぶしゃぶの食べ放題に行く予定で、すごくすごく楽しみにしていたのに辞退。タラバガニがー。霜降り肉のしゃぶしゃぶがぁー。みんなとの送別会がぁぁー。パーですわ。
ムリをすれば行けたんだけど、こいちゃは人がイッパイいると必要以上に頑張ってしまうのでぃす。その役目を放棄して、おとなしくしててもシンキ臭いかなーと。元気のない病人が楽しい場にしゃしゃり出てもアレかなーと。
でも明日の対抗戦にはぜってー出る! 明日は宇都宮の人々がギョーザと共に(かどうかはわからんが)すかっすの試合にやってくるのです。こいちゃは、こいちゃはぁ、ぬおおおおおー! 元気な病人になるよー

先日見た夢

ヘリコプターを運転してアメリカかどっかを目指してる。操縦はそんなに難しくない。むしろヘタに触ると危ないのでそのままにしていて、景色を見たり仮眠を取ったりしている。とりあえず飛んではいるけど、方向が合っているかはわからない。けっこう不安で「どっかで世界地図を買いたいなー」と思っている。地図を見たからって、どうにもならないことはボンヤリわかってる。
約8時間後、仮眠から覚めると景色がハデになっていた。デッカイ看板がイッパイあって、「ハリウッド」みたいな字も見える。とりあえず着陸。ヘリポートは見あたらないので、その辺のガソリンスタンドに勝手に置かせてもらう(いいんかいな)。そのままナゼか食堂へ。そこにいた女性の店員さん(なぜか中国人)に「ここはどこですか?」と聞くと、カタコトの日本語で「北海道のナントカ町だよー」と言う。8時間も飛んでまだ北海道なの? と、ヤル気が一気に失せる。こいちゃはひとまずヘリコプターを置いて東京に帰り(帰るなよ)、「どうしよーかなー」と考えている。終わり。

久々に夢をハッキリ覚えていたので書いてみました。

ダメ出し

カゼが全然治らない。セキと鼻水と微熱に加え、とうとう頭痛まで出てきた。ということを知り合いのシトに相談すると「とにかくトマトジュースを2Lぐらい飲む。あとは温かくしてひたすら寝る」とのアドバイス。「その間にビール飲んじゃダメかなぁ」と言うと「酔ってる場合じゃないやん!」だって。そっかー。さらに「汗はねー、すかっすやってイッパイかいてるよ」というと「体力なくなるからやっちゃダメだよ」。ナルホドぉ。そういえば、すかっすやった次の日に悪化するのでした。なんとなく気づいてたんだけどね。そろそろカゼの本質と勝負しなければならんようでぃす。でもすかっすできないのヤだなー。酒はもう飲んでるけど。

このアーカイブについて

このページには、2001年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年1月です。

次のアーカイブは2001年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3