2001年3月アーカイブ

がんばれ

磯貝の罰則投票、相変わらず「2000人とチュー」が人気だけど、チョンマゲも意外に健闘してる。がんばれチョンマゲ。チョビヒゲ&おでこに「肉」の入れ墨のオプション付きだぞ。ついでに出家もがんばれ。こっちは丸坊主&即仏身付きだぁぁ! あと2日ですね(ニヤリ)。

大作戦

冒頭にイキナリ追伸:試合のニッキはまたこんど。気持ちが落ち着かないと書けないので。

今回の本題:
人に頼まれて、お芝居のパンフレットのデザインをやってる。シロウトでもいいんだって。クラリスワークスのドローというヤツで作ってます。
表紙の真ん中にお芝居の中心人物のイラストをボーンと置いて、その周りを役者の一言コメントで囲むことにする。でもこいちゃ、スキャナーを持ってないの。しかもイラストはアウトラインが変形してて、それを上手に囲んでいかなきゃいけないの。そこでこいちゃが考えついたのが、“イラストのコピーを切り取って、モニタに貼り付ける作戦”だー! どうだ、アナログだろう!
しかもこの作戦、画面をスクロールしてもイラストだけついてけなくてズレちゃうのね。そんなときはどうするか? もちろん、そのつどイラストを貼り直すのです。どうだ、すごい技だろう!
誰ですか? そんなに笑ってるのは!

おどろき

ニッキも書いたし、用意もできたし、いざ出発……あれ? 何か足りない……。ギャー! ジムにラケット置き忘れてたー! 
ということで、ジムが開くまで約2時間足止め。自分のアホさ加減に今、心底びっくりしてます。

追伸:自分の試合には間に合います

再確認

・ラケットの構えを早く
・下がったボールを打つ
・まっすぐ球につっこまない
・落ち着けば2割うまくなる

と、改めてメモした。でも覚えていられるかな。
これから試合に行ってきます

ポエム

お金がイッパイあったら
もうちょっと広い家に住んで、家政婦さんみたいな人を雇いたい
きちんと整頓してくれて、掃除もしてくれて、食器も洗ってくれるそんな人
そしたら友達が来ても「ちょっと上がっていく?」って言えるし
大事なものを踏んづけたり 耳掻き何本もなくしたりしなくてすむのに

お金がイッパイあったら 家政婦さんみたいな人をぜひ雇いたい
それがこいちゃの ささやかで切実なドリーム

久々の

お仕事もしながらすかっすもするというのは、なかなか忙しいけど充実するもんだす。ぢつは今週の土・日と久々に試合に出るのです。2ヶ月振りぐらいかな。こいちゃは最近調子いいんだけど、今度の試合はグレードが高いらしい。どうなるんだろう。きっと久しぶりでキンチョーするんだろうな。そしてそんなこいちゃを、笑いながら見守ってるもうひとりの自分がいるのでっす。

温度

3つ前に書いた磯貝への「ナゾナゾ作戦」、現在までにこのヒトこのヒトこのヒトが参加&出題してくれました。どいつもこいつもいい年こいでガキばっかりじゃー! 愛してるぜ〜! 一緒に強く生きていこうネッ
ほんで出題されるナゾナゾですが、それぞれに個性が見えるのがおもちろい。その一方で、まるで答える気のない磯貝。この温度差がさらに愉快です。

追伸:ナゾナゾたちは磯貝の掲示板で見られます。答えは……げへへ

ムダじゃムダじゃ

仕事(インタビュー)でオサレな場所にあるレコード会社へ。原宿駅からテクテク歩いていくと、途中にオサレ&おもちそうなインテリアの店を発見。時間に余裕があったので入ってみると、ムダなものがイッパイだー!
例えばステンレス製の星とか三日月とかハート型のベル(鈴)があって、「手に持って振ると振動が心地いいです」と書いてあるんだけど、音はこもってる。これはいつなんどき誰が使うんじゃー! と思いながらもほのかに魅力的だ。
さらには目盛りが31まで書いてある160cmぐらいの細くて透明な筒があって、「カレンダーです。毎日ピンポン玉を入れていってください」だって。こんなに手の掛かる&場所取るカレンダー見たことねーよー!
ムダだ。とてもムダ。だけどステキ。頭の中がサーッと裏返りました。寄り道には宝物が埋まってますな。

配分

ちょっと遠いジムで、すかっすチームの練習に初参加。キツかったけどとても楽しかった。テンションも高くて、おもしろいこともイッパイ言えてさらに楽しかった。
練習後は車で移動して焼き肉屋へ。しかし車中でどんどん眠くなるこいちゃ。電池が切・れ・る……。いつも近所(自転車で3分)ですかっすしてる&初の練習会に浮かれて全力を使い果たしてしまったこいちゃは、すっかり「帰りたいモード」に。結局、焼き肉屋に並んでるみなさんに挨拶してひとりで帰ってきてしまいました。
もっとうまくペース配分を考えないとイカンですな。突然ドヨ〜ンと暗くなって、周りのヒトビトにも気を使わせてしまったし。「家に帰るまでが遠足です」という校長先生の言葉が身に染みた31歳の初春。

作戦

意外に反応がよくて嬉しい磯貝ねーさん罰則投票ですが、彼女のHPそのものはもとより、罰ゲームを楽しみにしている方々がおられるようで。
しかしそうなると、磯貝の阻害をする必要がありますな。そこでこいちゃが考えたのは、題して「ナゾナゾ作戦」! つまりみんなが磯貝にナゾナゾをぶつける→答えを考えて夜も眠れない→HP作成が遅れる……という理論的な作戦であります隊長(誰だよ)。
まずは切り込み隊長として、こいちゃがBBSに書くとするか。そして吹き荒れるナゾナゾの嵐……。ワクワクするー!

ふー

「タモリ倶楽部」の録画に間に合った。ヨカッタ。
今日の昼間は図書館へ。端末の検索で近所の図書館に京極ナツヒコの「女郎蜘蛛の理」があることを知り、10分ほどで駆けつけたんだけど、着いたときにはすでに貸し出されていた。ぬうう、出版から5年経ってもこの人気。
代わりにこないだ買った「死ぬかと思った」を読んだらゲラゲラが止まらなくなった。「1日に1個」という感じで読んだらこうはならないんだろうけど、ひとつひとつの話を続けて読んでいくうちに笑いが蓄積されて、あるときスパークする。笑いのメーターを振り切るのですね。こいちゃはファミレスで、ひとりで笑いが止まらなくなって困りました。
ところで磯貝ねーさん罰則投票ですが、追加罰則を募集したものの、元にあるアンケートに追加はできないカモでっす(汗)。もっとシステムを把握してから集うべきだった。現在はアンケートのシステムを作ってくれた方にシツモンちうです。

中間報告

磯貝ねーさん罰則投票、現在のところ意外な結果になってます。「2000人とチュー」と「24時間鬼ごっこ」が人気なのね。こいちゃは「出家」と「島流し」を思いついたときに「おおお!」と思って、さらに「チョンマゲ」を思いついたときは彼女がチョンマゲをしているところを想像してとても愉快だったんだけど、これは会ったことがある人しかおもしろくないかな。
ほんで、罰のリクエストもさっそく来ました。「ニッテレの夕方外でやる天気予報の時、黙々とウサギ跳びで登場する!」byへんてこさん。木原さんのお天気予報ですね。夕方のズームイン朝みたいヤツ。ということで、まだまだ罰則&投票待っとります

5000

本日、3月14日は確定申告の前日。誰ですか、「ホワイトデー」なんて軟弱なことを言ってるのは。足踏むぞ、ギュッて。
なので、まずは支払い調書(ウチはこんだけ払いましたよーという出版社からの手紙)を見つけるために掃除。茶の間で何かをグチャッと踏んだなと思ったら、オレンジジュースのパックでした(中味は無事)。さらに出しっぱなしだった辞書を箱にしまおうとしたら、箱から丸めたパンツがポロリと。カラクリだらけやん。ちょっとした忍者屋敷かい、ワシの家。
その後イロイロと発見し、計算に移る。交際費という名目の食事&飲み代の領収書を計算したら60万円だって。ひえー! 全額申告できないー! なんてコトを言いながら、不得意なことを頑張ってるこいちゃが愛しくてしょうがない。やるべきことに一生懸命トライしているこいちゃはかわいすぎる。どうしたらこんなに自分を愛せるのかがわからねいけど、抱きしめたい度5000%だ。
明日は早起きして原稿を1本書いて、それから税務署に行きます。

罰則

1個前に書いた「磯貝ねーさんが期日を守れなかったときの罰則」ですが、内容を投票で決めることにしました。アナタの一票で、磯貝がどうオモチャになるかが決まる! かもです。また「こういう罰がいいのでは?」という提案も随時募集し、投票数が少ないものと入れ替えて行きます。磯貝を知ってるヒトも知らないヒトも、おもしろがって投票しよう!

サイトマスター

昨日は上野のキムチ横町にカエルちゃんいぬちゃ磯貝のおっさん、こいちゃのサイトマスターたちが集まった。話題はもちろんパソコンの話。磯貝のおっさんが「何ヶ月も前から自分のホームページを作ってるんだけど完成しないよー」と言い、こいちゃが「自分で撮った写真を公開したいけど方法がわからナーイ」と言う。腐ってもサイトマスター。次元が低くてもヤル気があれば。
ちなみに磯貝のおっさんは、今月中には「ホームページを完成させる」と公言していました。できない場合は、先着2000名の男子とチューするそうです。

目が

インターネットで長時間かけて資料探し。ぬお〜、目が、目が……出てる〜! じゃなくて、離れてるー! でもなくて痛いんじゃボケー! と、朝5時半にひとりごと。こんな人も世の中にはいる。

外は晴れ

言葉は心を越えないという歌詞があるけれど、そんなことはないと思う。言葉にしてから「そうだったのかー」と心が気づくこともあるし、言葉の使い方によっては思ってることを増幅して伝えることもできます。でも、全部を言葉にする必要はないです。カタチにしようとした途端に崩れてしまう気持ちもあるので。
そういうものをムリヤリ型にはめようとすると、とんでもないことになりかねない。1.50000111……というビミョーな数字を「四捨五入すると2だな」としてしまったら、誤差がどんどん生まれて真実がアッチに行ってしまいます。

……というところで思考を止めてしまった。この先を考えるのはコワイよ〜。酔っぱらいはロクなことを考えませんな。これから寝ます。

ニューカマー

カエルちゃん@8万円から知ったのだけど、へんてこさんというシトもQ2の被害に遭ったらしい。でもココんちのHPには掲示板がないので「子猫ちゃんのトコに行ったのですか? それとも別のエロサイト?」とメイルを出したら、すぐにお返事はくれたものの、それについては一切触れていませんでした。
ちなみにへんてこさんはとても奇ッ怪なヒトらしく、チンコ型のハンドルを回してオルゴールを奏でながら、いろんなHPをチェックしているとか(いぬちゃのニッキ参照)。ぬぅぅ、デキるぜ! またもや心のライバル出現。うれしいです。

逃避と輝き

お仕事のクロスワードを1時間で作り上げる。こいちゃエライ! その足で、こんどは資料探しのため本屋へ。でもいいのが見あたらない。だのになんで、こいちゃのバッグにはこんなに本が入ってるの? また悪いクセが出ました。イエイエ、万引きではありませんよ。衝動買いです。
今回の獲物は以下の通り。

「図鑑」松本人志 「プチ哲学」佐藤雅彦 「と学会年鑑2001」と学会 「死ぬかと思った」林雄司 「バカボンド9巻」 井上雄彦

本を買ったのは久々だったので、メジャーどころ(でもないか?)が集まりましたが……うら若き女子のチョイスではナーイ。もっと「10分でできる! カリスマメークテクニック100」とか、「ヨーロッパ 人気のブランド品買いまくりショップ100」とか、「男ゴコロを操る デキる女の100箇条」とか(100ばっかりだな)、そういうのを買わないと……って、どれもいらない……。きっとタイトルが悪いんだな(みんな自分で考えたました)。欲しそうなヤツに変えてみよう。「10分でできる! と学会年鑑2001」、「ヨーロッパ バカボンドのプチ哲学図鑑」、「男ゴコロを操る 死ぬかと思った女の100箇条」
なんじゃそれー! っつーか、こいちゃ調子イイ!

グリップテープ全部

ホームページを回遊。すかっすのトコでスイングの教室を「ほうほう」と見る。また別のすかっすのトコで、出もしない試合のドロー表を「ふむふむ」と見る。しかしグリップテープの写真を全種類つぶさに見てる自分に気づいたときは、さすがに「なにやってんだ!?」と思いました。答えは……お仕事から逃げてたんでーす。でもそれも、さっき終わったんでーす。だけどこの後、まだまだあるんでーす(涙)。ううう、今週はすかっす行けない。「逃げてる時間をすかっすに当てれば?」と痛い指摘をするアナタ! そんなもん幻想だー!

ホッカイドーで聞いた発言

印象に残ったモノをいくつか。

サッポロで高校時代の友達に会ったときのこと。あるヒトが「私、こいちゃはもっと別な人生を歩むと思っていたよ」という。それはどんな? と聞くと「19歳で子供2人ぐらい生んで、20代後半で『子供が手を離れた』と言って働き始めて、冬は失業保険で左ウチワ……とか」。なんだそれ!? どこをどう切り取ればそんなイメージになるんじゃい。ともあれ、ビミョーに具体性を帯びているのが笑える。ナゾの想像力に乾杯だ!

実家の町にある食い物屋にて。手作りっぽい箸置きの裏に名前が彫ってあるのを発見。「多沢」と掘ってあるっぽいけど、読みづらい。そこで向かい側に座っていたパタねーちゃんに「コレってなんて書いてあると思う?」と見せると、目をぐーっと細くして、「たじる(多汁)?」。ギャーッ、沢じゃなくて汁デスカ! しかも「たじゅう」じゃなくて「たじる」。っつーか、多い汁ってどんなんだよ。

実家にて。メシを食べた後にお菓子を食べようとしたら、パパ「まだ食うのか」。こいちゃ「だって、こんなに食べ物があるのは素晴らしいよ。これだけイッパイお菓子があると……」。パパ:「あったかい気持ちになるべ」。
ガーン。この人の何気ない一言には、いつもヤラれてしまいます。

遊びじゃねぇんだ

やっぱホッカイドーは寒かった。ナメてはいかんです。人を凍らせようとしている大地です、あすこは。
例えばポケットに手を入れてて、ちょっと鞄からお財布を出そうとする。そしたらすかさず素手に冷凍光線がビビー!と当たって「素手だぁ? 北海道をナメんなよ!」と怒られる。す、すんません北海道にーさん! 夜に実家の町にあるお店でウマいもんをしこたま食わせてもらったときも、腹ごなしに歩いて帰ろうかなと思って外に出たら、ものの2秒で根こそぎ諦めてしまった。そんなことしたら確実に凍死してしまう。「歩いて帰るうぅぅ? おいおい、遊びじゃねーんだよ!」。ううっ、スンマセン! そんな考えを持ったワタクシが愚かでした!
さらに温泉にて。露天風呂に入ると、目の前に柵を発見。たぶんチン入者(痴漢など)を避けるためのモノだけど、冬にそんなことするヤツはいない。この本気の寒さの前には、「女の裸見たいなぁ」というリビドーは紙クズ以下です。エッチのパワーも認めるけど、ホッカイドーの寒さはんもっと本気に深刻だ。命懸けというよりも、命を懸ける前にあっけなく負けてしまいます。そういう圧倒的なパワーを久々に感じてしまった今回でした。

このアーカイブについて

このページには、2001年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年2月です。

次のアーカイブは2001年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3