2001年9月アーカイブ

宗方コーチ! (代役:ダースベイダー)


すかっすの試合の帰り、一緒に出場&観戦に行っていたヒトたちが「こいちゃの優勝会をやろう!」と言ってくれて、さらには会場に行っていなかったヒトたちも数人、新宿までワザワザ集まってくれました。なんというありがたい環境だろう。
その後も直接会ったヒトや、ココの掲示板でも、たくさんおめでとーを言っていただきました。みなさん、本当にどうもありがとう。この世の手柄はすべてこいちゃのものだけど、こればっかりは本当に本当に、みなさんのおかげだと思っちょります。イロイロとアドバイスしてくれたり、練習につきあってくれたり、励ましてくれたり応援してくれたり。どれひとつ欠けてもダメだったと思う。ちょっとづついろんな要素が組み合わさって形成されていくというのは、なんだか人格みたいですね。
でも、こいちゃの長い旅はまだまだ始まったばかりですわ。今度はもうひとつ上のグレードの行かざるをえないので、そしたらまたボコボコにされます。今回戦った相手に、また勝てるとも限らないし。またもや自分との戦いの始まりです。

いただきマンボー

すかっすの試合、優勝することができました。
今回は前に優勝できたのよりもグレードが高くて、けっこう危険な状態でした。見ていたすかっすお仲間のヒトたちも、ヒヤヒヤしたと思います。
それにしても、(自分で言うのもナンだが)これはけっこうスゴいことです。約1年前から試合に出始めて、ずーっと勝てなくて勝てなくて涙をごっくんと飲んでいたこいちゃが、ちゃんと優勝できた。これを成長といわずしてなんと言うんだろう。
表彰式にも出たのですが、そこでもらったものが、タテと副賞のシャンペン、そしてラケットバッグ。実はこいちゃ、ラケットバッグ持ってなかったんですね。7000〜8000円で買えるんだけど、「ラケットバッグは絶対に試合で取ってやる!」とずーっと前から心に決めていて、今回それが実現しました。もらったときは、やっぱりノドの奥がぎゅううっと熱くなったけど。




バッグには6800円という値札がついていたけど、こいちゃにとっては素晴らしすぎるほど価値があるモノです。ちなみにシンプソンママは勝手にもぐりこんだだけ。賞品ではねいです

実験、再び

やった、できた! こいちゃにもできた! ばんざーい! 夢みたいダー!

だってね、最初は写真のアップロードができなかったんだよ。表示すると、写真じゃなくて宇宙語みたいのが延々と出てくるの。でもそれは、ファイル名の最後に「JPG」って付けてなかったからというのが判明しました。ふー。

ところが次は、ここに載せようとして教えてもらった呪文を書いても、その字がそのまんま表示されるだけ。アドバイス通り、全部半角にしたのに……。そしたらわかりましたよ原因が。<>こういうカッコを半角にするのを忘れていたのねーん。どうだ、あまりにも初歩的で新鮮なミスだろう!

さて、この猫ちゃんは、香港の店先につながれていた猫ちゃんです。香港は車が強い社会らしく、人身事故があっても「ひかれたお前が悪い!」となるそうで、車は威張ってビュンビュン飛ばしています。なので猫ちゃんは、道路に飛び出さないようにつながれているのですね。しかし、どこの国でも猫ちゃんはかわいーなー!

ところですでにお気づきでしょうが、この写真寝てます。誰かタテにする技術を知っている者はいないでしょうか? まだまだイロイロ難しいです。

スペシャルサンクス:天才脳みそにーやんちゃんカエルのおっさん、ついでにこのシト

つまらないですが

このシトのニッキにもあるように、こいちゃは今すかっすの試合に参加中。土曜日に1試合、日曜(今日)2試合で、それに勝ったので明日も試合です。現時点でベスト4。
今日の2試合目(準々決勝)は途中まで負けてたんだけど、逆転で勝ちました。ガッツを見せてひねり取った感じ。これまでだったら負けパターンだったけど、今のこいちゃは違うのねん。ここんとこ、ずっと厳しいトレーニングを重ねてきたんだもの。絶対に相手より動けるんだもの。なにより本気のトレーニングに耐えてきたんだもの。そういう自信とか気迫が後押ししてくれてます。あと、みなさんの応援も。大事だなー、応援とかアドバイス。ものすごい支えになる。
つまんないニッキになっちゃったけど、明日に備えてもう寝ます

猫のまわりで

知人の鼻賀ミドリが子猫を保護して「里親の心当たりがあったら紹介してほしい」というので、知人のりんりんを紹介。引っ越しやら社内の移動やらでバタバタしているりんりんは「本当に誰もいなかったらもらう」と言っていたが、今ではすっかり迎える気300%で、キャットフードなんかを買って待っている。ところが、ワクチンを打ったり病気を治したりしているうちに、その猫ちゃんがミドリ家にすっかりなついてしまい、子猫のためにもそこで飼うのがいいことになった。でもミドリは実はもう一匹子猫を保護していて「じゃあそっちのコをりんりん猫に」と思っていたら、りんりんが3日ほど東京を留守にしている間に、別のもらい手が決まってしまった。結局、また別の猫がりんりん猫になる予定だそうだけど(詳しい事情はよくわからん)、なんだか話が2転3転してしまって、とりあえずりんりんに謝りの電話を入れる。そしたら彼女は、「でも、猫の引き取り手がそんなにいるのはスバラシイことやん」と心から言ってて、こいちゃもりんりんには悪いけど本当にそう思っていたから、ああヨカッタと思った。りんりんが怒ってないことに対してじゃなくて、なんか同じ考えを持っていることが。願いはひとつ、猫の幸せ。

終わりの前

週1ペースでやってる連載があって、書くときはいつも緊張していたんだけど、今日は特別にキンチョーしている。いつもは責任としての緊張(プレッシャー)だったけど、今日はピュアなキンチョー。好きな同級生に告白する前とか、そういう類のモノです。胸がどきどきしていて、パチンと張り裂けそうだ。というのも、最終回なんだなコレが。1年半ぐらいずっとやってきたのの最終回。で、緊張。なんかかかわいいや、こいちゃ(イメージアップ作戦)。

宿題

今日、ずんこと宿題を出し合った。「どうしたら男の子にモテるようになるか」について。誰か知ってるヒトがいたら、どうぞ教えて下さい。

呼び名

知り合いに「ジュンコ」という名前の人がいて、以前は名字で「オオシタさん」と呼ばれていたんだけど、こいちゃが「ズンコ」と呼び出したのをきっかけに、最近それが定着している。よそでは「ジュン」なんてカッコイイ呼ばれ方をしているのに、かわいそうなズンコだ。でもオオシタさん時代よりは親近感もグッと増して、ズンコ自身も以前より伸び伸びしている(ように見える)。
ズンコは国境を越え、近頃は外国人の知り合いも「ズンコズンコ」言っているのだけれど、そのヒトに「彼女はなんでズンコなの?」と聞かれて困ってしまった。「いやあのね、桜田淳子ってアイドルがいて、その人は秋田県出身で、その昔自己紹介するときに秋田訛が出て『ズンコですぅ〜』っていうフレーズが一時流行ったんだけど、そのときのなごりで……」なんてことを改めて説明しても、「はぁ、そうですか」という話だ。そのときどきの流行や空気みたいなものを共有するのって、とても大事だというお話。

実験

失敗! 

真心ブラザーズのフラワーなんとかという歌を初めて聴いた。なにぬねのんのんとか、さっきまでのぼくとは違うぞ、みたいな曲。3人の子供がカバーしてたけど、あれはオトナが歌った方がいいな。真心ブラザーズを見直した。

カゲマンのアニメをやっていた。あのキャラクターがリバイバルされていて、本当にビツクリ。でも昔に「小学○年生」とかで見たのと違っていたのが残念。ギャグ漫画タッチの昔のヤツが見たいなーと思いながら、カリキュラマシーンも見たいなーと思う。

サブリナというアメリカかどっかのドラマを見た。奥さまは魔女みたいなヤツ。黒猫ちゃんが出てくるんだけど、本物と人形のスイッチがおもしろい。覚えていたらまた見よう。

野性のカバのドキュメンタリーをやっていた。ワニとかカバって、目がとてもうつろでおもしろい。水中で交尾しているお母さんカバの顔のアップの後ろに、子供のカバが映っているなどの、すごい映像もあった。そしてふたりとも目はうつろなのだった。
別の親子なんだけど、よそのオスに子供を殺されちゃって(すごく珍しいことらしい)、その死体を揺り起こそうとしているお母さんカバの映像があった。ひどいじゃないのよ〜とシクシクしていると、テロップで「次は、あっと驚くカバの進化」と出て、それを「あっと驚くバカの進化」と読み間違えてしまい、バカの進化とはつまり退化なのかなーなんてことを思いながら泣き笑い。ちなみに来週は「アホウドリ」だって。NHK、侮りがたし。

大小

自分が好きな人同士が仲がいいとは限らなかったり、ベストと思われる方法の陰でヘソを曲げてる人がいたりして、いろいろと難しいです。すべての人が100%満足して、完璧なまん丸であがりを迎えることってムリなんだろうな。小さい世界でも、大きい世界でも

決定

月曜日はジムがお休み。なので「どわぁぁぁ!」っとフジヲの家に行くことを思いついた。HPに写真とかをどう載せているか、そのしくみを見せてもらおうと。台風らしいけど、自転車で行っちゃうモンね! と出ようとしたら、雨がバシバシとかなり激しい。夜はもっとすごくなっちゃうのかーと思い直し、涙と勇気の撤退。でも夜になってみたらそうでもないナー。ちぇーーっ。しかも後で知ったんだけど、フジヲは明日から不倫旅行(推測)にでかけるそうで、しばらくいないんだって。やっぱ今日だったんだ。完璧に勢いに乗り損ねた。これからは、野生のカンを最優先して生きていこう。

いよいよ

HPに写真を載っけるべく作動したワシ。以前カエルのおっさんに教えてもらったくーるナントカというところに行き、HPの権利(?)をゲット。あとは写真を載っけるだけ……と思ったら、「ファイルのアップロード 」? 「ファイルの選択」? なにそれ。カーソルで写真を持っていって、ポンって載っけるだけじゃないの〜!? ぬうううう、なにをどうすればいいやら(汗)。HPに写真を載っけてるみなさんは、天才だったんですな。

告白

なぜだかわからねいけど、すかっすの大会って秋に多いようです。全部は出られないけれど、9、10、11月と3試合出ますよ。もう申し込んでもらったもんね(担当のシト、いつもお世話になってます)。
応募用紙に名前とかのデータを書くんだけど、そのうちのひとつの大会に「パンフレットに載せるコメントを書いて下さい」とあったので、ふーむと考える。普通は「がんばります」とか「優勝めざすぞ!」とかなんだろうけど、それじゃ選ぶ人も変化がなさすぎてかわいそうだ。ということで、ついに告白してみました。「ベストドレッサー賞がほしいです」。わーい!
これを読んだ人が、こいちゃをどう思ってどういう目で見るんだろう。そう考えるとワクワクしちゃう! でも、このコメントが採用されなかったら……(涙)。ちなみに、一緒に出るすかっすお仲間の分も「負けちゃったら暴れそう」と書いてあげたんだけど、このコメントも採用されなかったら……(涙)。チャレンジャーは、いつも孤独だ(ホンマか)。

住まい

隣に住んでいた女の子が、引っ越しをしてしまった。ちょびっと交流があった子で、細くてかわいかったです。なにやってる子だったんだろう。お引っ越しの日にたまたま出くわしたんだけど、そのときに聞けばよかったな。きっともう一生聞けない。
彼女がいなくなってしまって、またこのフロアはこいちゃだけになってしまった。あっちハジの部屋は「あかずの間」だし(ヒマな人はかなり前のニッキ「あかずの間」をご参照くさい)……と思っていたら、数日後あかずの間の扉がバーンと開け放たれていていた。なんと! 中からはガヤガヤという話し声がしている。悪いかなと思いつつ覗いてみると、人は見えなかったけど、バッチリ見えました。紫に塗られた壁と、撮影機材らしきものが。どうなっちゃうんだよ、このフロアー!
ところで部屋といえばネズミさんですが、あれからお会いしてません。目標もきっちり守って、押し入れの戸は閉めっぱなしだし。でもやっぱり用があって押し入れを開けたいときもあって、そういうときはどうするか。戸を「ドンドン」とノックするのです。これから開けるよと。そしたらネズミさんも、とりあえずは逃げてくれると思うのですよ。でもそのうち、「トントン」とノックを返されたら……どうしよう! ネタになって嬉しい!

このアーカイブについて

このページには、2001年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2001年8月です。

次のアーカイブは2001年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3