単発

らいおんちゃんは、将来ジャズ喫茶を開きたいそうだ。それで思い出したんだけど、こいちゃは以前、飲み屋がやりたかったのー(お酒好きだし)。
そのお店は看板とかは出さなくて、知ってる人だけやって来るのだ。ほんで、お客さんはみんな特技を披露するの。音楽が得意な人は楽器を演奏しながら歌を歌ったり、料理が上手な人はなんかを作ったりする。こいちゃはもちろんベシャリ担当。おもしろトークで笑わせまっせ。さらに手品も体得して、みんなを楽しませちゃうもんね。しゃべります、笑わせます、飲ませます。
でも、思い直してやめました。お客が固定しちゃうと思うし、お酒を飲むとウエットになっちゃうから。発展性のない同じ話を延々と聞かされるのは耐え難い。きっとその人のことも自分のこともキライになっちゃうだろう。
っつーことで、こいちゃは新たな目標を思いついた。それはフリーのホステス。3ヶ月から半年ぐらいで、お店をどんどん変えちゃうのさ。そしたらいろんな人に会えて楽しいだろうなー。誰かやとってくれー(オバちゃんになったこいちゃを短いスパンで)。

このブログ記事について

このページは、Koichaが2003年1月13日 07:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『初:』」です。

次のブログ記事は「THE MANIAQ KEIKO」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3