朝起きて

ぬおーっと思いつき、友達のチホちゃん(主婦)を家庭から引っこ抜いて映画に行くことに。最初は「ベッカムに恋して」にしようと思ったのにまだやってなくて、だったら「WATARIDORI」だ! と思ったらチホちゃんが鳥類が苦手で、ほんじゃこれにしてみるか、ということになった。そんな感じで選んだ「猟奇的な彼女」ですが、見事に転がされました(監督の手のひらで)。泣いたし感心したし、チホちゃんもそう言ってた。
選んだ時点からあまり期待していなかったこととか、映画自体が久しぶりだったこともあると思うけど、個人的には「はー、観てヨカッタ」という作品。映画っていいねい。
その勢いで「ベッカム〜」と「WATARIDORI」の前売り券を買ったオレ様だが、この人には関係ないようで。



踏まないでぇぇぇ(涙)

このブログ記事について

このページは、Koichaが2003年4月15日 00:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ピピちゃん」です。

次のブログ記事は「−ときどきはりまお劇場−」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3