2003年7月アーカイブ

あり得ないものが

床に落ちていた。見間違えるはずがない。これはネズミの……。
ネズミって逃げまどいながら脱糞するのか?
おまえはなにやっとんじゃー!



えー?

そのとおり

今日はお芝居の受付のお手伝い。ちょっと複雑なことをやらされてドキドキしたけど、やってみると難しいことのほうがおもしろい。



短時間でいろいろとたたき込まれました

そこでいろいろと話してたら「四文字熟語を2つ言える?」という話になった。
実はこれ、心理テストなんだって。そこにいた人々の回答は以下のとおり。
Aさん……1個目:五里霧中 2個目:自縄自縛
Bさん……四捨五入(ひとつのみ)
Cさん……1個目:焼肉定食改め、弱肉強食 2個目:言語道断

ほんで結果は、1個目が人生観で2個目が恋愛観なんだそうな。
ちなみにこいちゃは、1が罵詈雑言、2が危機一髪。
人を口汚くののしる人生だよ。

こないだ行ったスタジオ

蒲田近くの渋いところにあった。古い倉庫の2階で、外から見たらうひーって感じ。
でも中に入ったらビックリ。すごくいいカンジに充実してる。



こんなのとか



こんなのとか



こんなのとか

聞けばすごく人気のあるスタジオで、予約いっぱいでいろんな撮影が行われてるんだそうだ。なんでも外見でだけ判断したらいけないなー。

9-1 9-0 という情けない点数でアッサリ負けてしまった。
とても落ち込んでいたのだけど、久しぶりの知り合いに会ったらテンションが復活。「1ゲーム目は10万1点で2ゲーム目は10万点だったんだけど、“そりゃ取りすぎだろう”ってことで反則負けだったのー」とか「今回は芸術点が入らなかったからナー」とか、バカみたいな言い訳がどんどん出てくる。こんなとこでがんばってどうするよワシ。
負けた後はほかの人の試合をいろいろずーっと見ていたのだけど、やっぱいいですね。いろいろなものと戦いながらひたむきにがんばってる人の姿というのはとてもいい。その対象がなんであってもスバラシーです。



むおー、毛づくろい100回!

これが六本木ヒルズ

仕事と仕事の合間にちょっと時間があったので、話題の六本木ヒルズを覗いてきました。
予備知識がなかったせいもあるけど、広くて漠然としててポイントがわかりずらい。まぁイロイロなものがある場所ですよと。訪れてたのはオトナの人が多かったような。



一応それらしき写真も撮ったけど

そしたらその後、仕事先に向かう途中ぐうぜんにこんなモノを発見。こっちの方が断然わかりやすいー!


こういう名のマンションらしい

でも、観光地としては断然むずかしそうです。

パラパラと

通販誌を見ていたら、最後のページにコンドーム売り場を発見! 女性向けの上品っぽい本なのにー。通販とコンドームは、やはり一蓮托生なのだろうか(なんだそれ)。しかもこんな企画モノまで売ってました。



売れてますか!

「開けて思わずニッコリ……。いろんな“うす型”がこんなに入って、このお値段! プレゼントやゲームの景品としてもウケています」(商品キャプション)
景品はいいけど、プレゼントでニッコリするのはいかがなものか

あれあれ?

みじかい。これは明らかに短いぞ! ということで、判明しました。例のヤツの正体が。
新たな敵の一部だった
でも、どうしてこんなことになったのかは不明。 しかもさっき見たら、また1本増えてた。ひー。増殖してたらどうしよう。
お前らの目的は何だ!?

プラスチック製の

棒なのだ。長さは8センチぐらいで、先にゴム製のカバーがついている。
さっき起きたら床に転がっていた。これが何なのか、誰か教えてー!

ものすごく重要なものだったらどうしよう

外でワンちゃんや猫ちゃんを見かけると「か〜いぃねぇ♪」と思う(ときには口に出す)。でもその直後かならず「うちにはもっとカワイーちゃんがいるよ。まおちんって言うんだ♪」と思う(ときには口に出す)。こんなこと書いてるこいちゃはアホか?



アホじゃー!

こないだ鼻賀ちんが、まおちんを見て言ったせりふ。人が来ると喜ぶんだけど、「で、こいちゃはどこなの?」と不安そうな顔をしていたらしい。もー、まおちんったら。
そんなまおちんだが、再会したときは「おねーちーん!」という感じじゃなくって、「あー、誰か来たな。で、誰だっけ?」みたいな感じだったのだ。もー、まおちんったら!
その2日後ぐらいに、ようやく甘えモードになったまおちん。この時間差がたまんねーなーもー!



不器用ですから

このアーカイブについて

このページには、2003年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2003年6月です。

次のアーカイブは2003年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3