2004年12月アーカイブ

とっちらかってワーオ

1個前のニッキで、本当は写真的に使いたかったのはこの2点だったんだけど、流れに合わず両方とも漏れてしまった。極力すっきりまとめようとした結果なのだが、盛り込めきれなかったのはワシの力量不足だろうか。


そういえば昔、はみだしチャンピオンという歌があったなぁ(参考資料)。すごいネーミングだけど、B面のタイトルは「どうにかなっちゃう前奏曲」だし、次のシングル「俺をよろしく」のB面は「とっちらかってTIME SLIP」だから、なんか妙に納得してしまうものがあるな。あ、まおちんがウンコした! くせー! 窓をガラガラガラ〜。ついでにうがいをガラガラガラ〜。なんつって、ウソついちゃった(うがい)。そんなこんなで、右の写真はスターフルーツとリンゴです。これは本当。

小龍包を作るの巻

| コメント(2)

お料理上手なゆんさんのお誘いで、彼女のお宅にて小龍包を作ってきたのだ。とはいえこいちゃは具を包んだだけで、小3レベルのお手伝いだったけど。
それなのに、帰りにはたくさんの小龍包をお土産に持たせてくれたゆんさん。しかも、食べるときに使うショウガの千切りまで一緒に。こういう人にあげるノーベル賞みたいなのはないもんですかね。


具を混ぜる。
イカの角切りみたいなのは豚の皮の煮こごり。
これが小龍包のスープの素になるます。



ゆんさんが前日から作ってくれていた皮を
10gづつに分け、麺棒で丸く薄く延ばす。




まわりにしわしわをつけながら
具を包んでいく。




左/ゆんさん作
右/オレさま作




12分蒸してできあがり。
噛んだらスープがジュー!で
あぢー!けど、うめー!でした。



名は体を表すのか

族言葉変換スクリプトというヤツをやってみたら、「こいちゃ→恋血夜」「はりまお→破離魔汚」となった。ひえー。ちなみに「まおちん」は「魔汚朕」でした。
おもしろ作品の投稿スペースもあって、こいちゃが見たときは「あさだあめ→悪鎖駄悪滅」「ぽんきっきーず→奔鬼奇異図」「あんぱんまん→暗犯萬」などの秀作が並んでいて、なんだか感動。これを知ったのは、人としてちょびっとだけいろんなものが欠けまくってる魔鬼死魔無(マキシマム)くんのページにて。しかし見事に悪い名前だ。

台北市内にて。
こういうものを発見すると、生きててヨカッタ!と思ってしまう。
名前とイラストのマッチングが奇跡のよう。ちなみに、餐廰とはレストランのことです。


↑クリックで拡大

中国語の授業で

| コメント(3)

「どんな夫がいい夫だと思う?」との問いに、ウケをねらって「お金をいっぱいくれる人」と答えたら、先生にすごくほめられた。しかも親指をビッと立てて、すごく真剣な顔で「こいちゃ、とてもいい答えよ」とのことでした。
思うに、先生にほめられるのはこれが初めてじゃないだろうか。なぜほめられたかはイマイチよくわからんが。

オマケ画像:お腹のなかのまおちん

最近ちょっと寒いね

このアーカイブについて

このページには、2004年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年11月です。

次のアーカイブは2005年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3