ちょっぴり趣向を変えて

| コメント(6)

ナイスなネーミングのお菓子たち。いずれもMeijiとそっくりなロゴのAji社の製品ですが、最初に出会ったのがこれ。心にかなりグッときました。


クリックで拡大(以下同)

ちなみに、かおりの棒(全長約30cm)には普通のポッキーサイズぐらいの姉妹品があって、こんな名前がついてます。


そのまんまだー

最後はこれ。純文学のようなネーミングに、店頭で腰が砕けました。いちど個人的にAji社を訪ねてみたいです。


脆い→もろい

コメント(6)

三番目のは、こんなネーミングに「あん入りのだ」!!
こっちにグッと惹かれるね。
しかし台湾はなぜにここまで日本文字好き?
てか、現地人はこの商品名を日本語のまま発音してんの???

「あん入りのだ」はホントすごいインパクトです。
「においがよくて脆い」には胸がキュンとします。こそばゆいです。

S井Y美さん:
「あん入りのだ」は、かなりブロークンな日本語ですな。
しかもアンコ入ってなかったし。

>しかし台湾はなぜにここまで日本文字好き?
お菓子や台所用品に関しては、日本の製品だと思ってるかも。
それは別にしても、やっぱすごい親日なのね、台湾て。

フジヲさん:
なんかあやういでしょう。そしてほのかにエロティック。
こんなの日本人ではなかなか思いつかないよねぇぇぇ。

私も「あん入りのだ」すごいと思いました。

オルキデさん:
繰り返しになりますが、あんこは入ってないんですよ。
どこであんな日本語になったのか、ナゾが深まるばかりです……

え!あん入ってないの?
(よく読め自分)
繰り返してもらって二度楽しめました。(^^ゞ

このブログ記事について

このページは、Koichaが2005年10月13日 11:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「引き続き例のやつ」です。

次のブログ記事は「候補」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.0.3